[全画面表示(F11)でご覧ください]  住道の朝(大阪)《戻》 《次》大阪駅見聞録(大阪)

いつになく寒い2月の大阪城

MAIN
2012年2月20日、例年になく厳しい寒さが続く最中の大阪城周辺散策 (文書 Wikipediaを参考 )
1948年より建物修理が始まった大阪城 ◇慶喜が江戸を退却。大坂城は新政府軍に開け渡された。この前後の混乱のうちに出火し、城内の建造物のほとんどが焼失した。
1928年当時のの大阪市長が天守の再建を提案。再建工事は1930年(昭和5年)に始まり、翌年に完成した。
◇城内に有った陸軍の用地は終戦後占領軍に接収された。その際占領軍の不始末で紀州御殿が焼失したとある(1947年)。 1948年に接収が解除された。その後建物の修理が進められ、大阪城公園の再整備も、外堀を含む広域が公園地となった。現在の大阪城公園である。
通称 金城、錦城 姫路城、熊本城と共に日本三名城の一つ 城郭構造 輪郭式平城または平山城 大阪城公園の一角にある梅林から眺めた大阪城 豊臣秀吉が築城 1583年、石山本願寺の跡地に豊臣秀吉が築城を開始した。天守南面
大阪城
池 淀殿と秀頼の自刃の地 徳川の軍勢の前に抵抗むなしく、淀殿と豊臣秀頼はこの地で自刃した。悲劇の大阪城象徴の場所である。
旧大阪市立博物館 築城の際の殉職者 築城の際多くの人夫が亡くなった。散らばっていた無縁仏をここに集め弔っている。 藪椿
大阪城公園梅林 大阪城公園梅林
極楽橋 山里丸と二の丸をむすぶ橋。以前は巾3mの木造橋であった だらだら坂 当時は急な坂であった。盛り土をしてなだらかな坂にした 堀 桜門 桜門 重要文化財
一番櫓 重要文化財。二の丸南面城壁の要所を固める隅櫓。七棟建ち並んでいたが現存するのは一番櫓と六番櫓のみである。修理を重ね現在に至る。
石庭 豊国神社 祭神は豊臣秀吉公 豊臣秀頼公 豊臣秀長卿
豊臣秀吉像 豊臣秀吉像 お堀の住人 お堀には色々の小動物が棲み付いている。可愛い鳴き声を発しお堀を泳ぎまわっている。 大阪城公園
BACK