南禅寺から永観堂。哲学の道を通って銀閣寺へ ◇永観堂の紅葉 ◇銀閣寺  奥嵯峨(京都)《戻》

京都の秋 紅葉に染まる古都 南禅寺

MAIN
2012/11/25 南禅寺の紅葉 夥しい赤の群集 秋の京都を演出する
自然の色彩 そして哲学の道を歩く 
南禅寺の紅葉 感嘆の声を上げて人はそこに佇む (南禅寺は日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ)
彩られる京都
彩られる京都
哲学の道。京都市左京区にある琵琶湖疏水沿いにある小道。春の桜、秋の紅葉の時期は観光客で賑わう
彩られる京都
哲学者の西田幾多郎がこの道を散策しながら思いにふけった
彩られる京都
南禅寺付近から銀閣寺までの小道沿いに、琵琶湖疏水が流れる
南禅寺の紅葉 息を呑む美しさに心を打たれる
彩られる京都
南禅寺の紅葉 自然の織り成す彩
彩られる京都
水路閣(南禅寺)水路閣は、延長93.17メートル、幅4.06メートル、水路幅2.42メートル、煉瓦造、アーチ構造の優れたデザインを持ち、京都を代表する景観の一つ。毎秒2トンの水が流れている。現在も京都の上水道として活躍。テレビのサスペンス番組にもよく登場する
彩られる京都
水路閣のアーチ窓から木漏れ日に映える紅葉(南禅寺)京都の川の水は北から南に向いて流れるが、この水路閣の水は南から北に向かって流れる
彩られる京都
木漏れ日に浮かぶ優雅な色香(南禅寺)
彩られる京都
南禅寺の紅葉 京都の優雅さは自然美から醸し出される
彩られる京都
紅葉の間に見え隠れする「重要文化財南禅寺山門」(南禅寺)
彩られる京都
臨済宗南禅寺派の大本山で正応四年(1291)亀山法王の離宮の地を賜り、無関善門(大明国師)規庵祖円(南院国師)によって創建された
南禅寺の紅葉 京都の紅葉を語るに言葉は要らない
彩られる京都
南禅寺の紅葉 青空に浮かぶグラディション
彩られる京都
BACK