二十七宿のこと

二十七宿とは、星宿の分割法の一つである。月は約27日間で地球を一回りする。その日々毎に、地球から見て、月が位置する方角にある27の星
座を、月の宿る星として定められたのが27宿である。  以降のサイトで解説している http://www.koyomi-shinreikan.com/about/神霊館 
〇ご自身の二十七宿はこちらのサイトで http://moon.confusionindex.com/pc/year/
二十七宿吉凶の解説
(かく)角宿、彩画宿晴れがましい事全般に吉。豪華な衣裳を作る事など。また、行軍、観兵式、軍功のあった将兵に褒賞を与える事
などに吉
(こう)亢宿、善元宿象や馬など家畜の調教、結婚、交流、種蒔きなどに吉
(てい)てい宿、善格宿穀物や果樹の種蒔き、酒の醸造に吉。建物の増改築、乗り物を動かす事に凶
(ぼう)房宿、悦可宿結婚などの慶事に吉。また宗教への入信や奥義を学ぶ事に吉。徳の高い星の為、奢りや不遜は禁物
(しん)心宿、尊長宿王侯が物事を行う事に吉。神仏に祈る事や官位を受ける事、象や馬などの家畜を調教したり乗ったりする
のに吉。散財や借金に凶
(び)尾宿、根元宿沐浴や呪術、住宅の修理、薬の調合、入信儀式などに吉。衣類裁ちには凶
(き)箕宿、前魚宿池や溝を掘るなど水に関する事に吉。また花や薬草の種蒔き、田畑の修理、酒の醸造に吉。その他の大事は避
ける事。奢りは禁物
(と)斗宿、北魚宿衣服の新調、木の手入れ、乗り物や武器を造る事、倉庫を建てるなど不動産に関する事に吉。
(じょ)女宿、沙栴宿、耳聡宿公共事業など公の事に吉。また、技芸を学ぶ事、髪を整える事、按摩などに吉。衣服の新調に大凶、死に
至る場合もあるとされる。また、争いごとに凶。
(きょ)虚宿、貪財宿あらゆる急速の事に吉。また学問を修め、沐浴をし、子授けの祈祷を受けるのに吉。また僧や神官への布施、
城を築く事、兵士を配する事、衣服を新調し着飾る事などに吉
(き)危宿、百毒宿薬の服用や調合など、病気への対処に大吉。池を造る事や麻の種蒔き、行商に出る事、造船や酒の醸造などに
吉。何事にも慎重に取り組むべき日
(しつ)室宿、前賢迹宿剛猛の事に吉、罪人の取り調べや逃亡者を捕らえる事などに吉。それ以外の事には凶
(へき)壁宿、北賢迹宿都市を築く事、結婚、長寿や福徳繁栄を祈って修法を行うのに吉。南の方角に行く事は凶
(けい)奎宿、流潅宿倉庫や畜舎を建てる事、家畜を数える事、酒や乳製品を作る事、着飾る事、遠方に出かける事に吉。開店など
新規の事には不向き
(ろう)婁宿、馬師宿あらゆる急速の事に吉。また薬の服用や馬などの家畜の調教などに吉。特に衣類裁ちは増益あり
(い)胃宿、長息宿あらゆる剛猛の事に吉、逆賊の征伐や悪巧みを暴く事など。また王侯が善行を行うのに吉。一般にはあまり
用いず、造作、葬儀は不適
(ぼう)昴宿、名称宿調理等で火を使う事、家畜を数える事、薬の調合、畜舎を建てる事、悪人や逆賊を征伐する事、頭髪を剃る
事などに吉。旅行などには凶。衣類裁ちには用いない
(ひつ)畢宿、長育宿農作業、田畑や住宅の修理や橋や道の修理、用水路を造る事など土木工事関連に吉。借金や出費、(穀物な
どでの)納税に凶
(し)觜宿、鹿首宿舎屋の建造、部屋の内装の整え、結婚、星の災いを除く為の修法などに吉。投資、事業の新規拡張や開店
等は控えるべき日
(しん)参宿、生せい宿財産を得る事、地面に穴を掘る事、乳製品を造る事や油を搾る事、酒の醸造等に吉。また、あらゆる剛猛
の事に吉
(せい)井宿、増財宿慈善を行うと良い結果になる。また神を祀る事、結婚・結納に吉。薬の服用に凶
(き)鬼宿、熾盛宿あらゆる事に吉。特に名誉や長寿を求める事、官位を受ける事、宗教への入信や奥義を学ぶ事に吉
(りゅう)柳宿、不観宿逆賊の征伐、敵城を攻めるなど、剛猛の事に吉。特に衣類裁ち、葬儀には適さない日
(せい)星宿、土地宿建物の修理、種蒔きに吉。ただし五穀の種蒔きには不向き
(ちょう)張宿、前徳宿慶事に吉。結婚、住宅の修理、官職を受ける事、衣服を作る事、師僧から奥義を学ぶ事などに吉
(よく)翼宿、北徳宿あらゆる事に吉。特に不動産・土木、農業などに関する事によい
(しん)軫宿、象宿急速の事に吉。また、外国など遠方への旅、衣裳の修理、技芸を学ぶ事、結婚、田畑の開墾などに吉
二十七宿による相性と吉日
二十七宿良い相性吉日二十七宿良い相性吉日
参  女斗  女  翼  軫井  虚角  女  虚  軫
てい鬼  危角  危  虚  觜柳  室亢  室  危  参
星  壁てい  壁  室  井張  奎房  奎  壁  鬼
翼  婁心  婁  奎  柳軫  胃尾  胃  婁  星
角  昴箕  昴  胃  張婁  亢斗  婁  昴  翼
觜  てい女  觜  婁  軫房  参角  参  虚  觜
井  心亢  井  危  参鬼  尾てい  室  井  鬼
柳  箕房  鬼  壁  柳星  斗心  柳  奎  星
張  女尾  星  婁  張翼  虚箕  張  胃  翼
軫  危斗  翼  昴  軫室  角角  婁  女  軫
壁  亢角  觜  亢  虚奎  てい亢  てい  参  井
婁  房てい  房  井  室胃  心房  鬼  心  壁
昴  尾心  尾  柳  奎婁  箕尾  張  星  箕
觜  斗斗  箕  胃  張☆  ☆☆  ☆  ☆  ☆
二十七宿について

インド占星術・天文学でいうナクシャトラである。天体の位置を表すのに使われる。その流れをくむ宿曜道の基本要素となっている
なお、中国で使われている二十八宿とは発祥が異なるが、大蔵経に含まれる摩登伽経において、下記の通り二十八宿と同じ漢字名が割り振られた。なお、二十八宿にあり二十七宿にはない宿は、牛宿である
ちなみにこの27という数字は、月の天球に対する公転周期である27.32日に由来する。 一日の間に、月は一つのエリアを通過すると言うわけである
Ю [ナクシャトラ(nakshatra)]とは、インド占星術ならびに天文学で使われる27もしくは28の星宿である。インド神話においてはダクシャの娘とされ、月神ソーマの妃とされる。中国に渡り二十七宿となり、さらに宿曜道と名を転じた。   ウィキペディアを参照にしています