知っている、知らないではおおちがい

さがしもの雑学 / さがしもの雑学1

言葉・できごと・自然・動物・人名


アルバトロス
アジェンダ
悪性リンパ腫
元禄赤穂事件(赤穂浪士)
iphone(アイフォーン)
インフルエンザ脳症
インフォームドコンセント
イモビライザー
世界の医療団
ウィルス性肺炎
江藤新平
エルニーニョ
伊藤博文
伊能忠敬
牛若丸(源義経)
緒方洪庵
大木喬任(たかとう)
大隈重信
小野道風
幹細胞
国際司法裁判所
かんぽの宿
枯山水
筋ジストロフィー
クレンブテロール(薬品)
鞍馬天狗
来島又兵衛
頸動脈狭窄症
傲岸不遜
古活字本
臥薪嘗胆
環水平アーク
現在日本の活火山
約129億年向こうの銀河系発見(宇宙)
西郷隆盛
島 義勇(よしたけ)
切歯扼腕
副島種臣(たねおみ)
相馬黒光
佐野常民
ソフィア・ローレン
信汗不乱
四方拝の儀
トランス脂肪酸
政府紙幣
政令指定都市と権限委譲
セロトニン神経
セックス依存症
丹波竜
朝三暮四
朝令暮改
定昇とベア
兌換紙幣
デング熱
道州制
鍋島直正
南極最高点
ヌートリア(動物)
長岡半太郎
光で遺伝子を操作
ハドソン川
バラク オバマ
ビハリー・ボース
阪神淡路大震災
バードストライク
分限免職
ブラックノート
ホタルはいつから光っていたか(自然)
女性ホルモン
ホルムアルデヒド
法テラス
蓑虫庵
大間のマグロ
モミジとカエデどう違う(植物)
網膜色素変性症
羊頭狗肉
LRT(ライトレール)
ラニーニャ
綸言汗のごとし
レアアース
ワシントン条約

ことわざ


ああ言えばこう言う
嗚呼悲しい哉
ああしゃごしゃ
曖曖(あいあい)たり遠人の村
哀哀たる父母我を生みて劬(く)労せり
合縁奇縁
愛多き者は即ち法立たず
愛多ければ憎も亦(また)多し
愛多ければ憎しみ至る
相生の松
愛屋烏(おくう)に及ぶ
遭い難くして今遭うことを得たり
匕首に鐔(つば)
相碁井目(あいごせいもく)
挨拶は時の氏神
挨拶より円札
哀糸豪竹(あいしごうちく)
愛してその悪を知り憎みて其の善を知る
愛して其の醜(しゅう)を忘れる
喝人柳下(あいじんりゅうか)に陰を借る
愛想づかしも金から起る
愛想も小想(こそ)も尽き果てる
相対の事はこちゃ知らぬ
開いた口には戸はたたぬ
開いた口へ牡丹餅
相手変われど主変わらず
相手のさする功名
相手のない喧嘩は出来ぬ
相手見てからの喧嘩声
愛と畏(おそ)れ
欸乃(あいない)
愛に愛待つ
愛は惜しみなく与う
愛は小出しにせよ
藍より出でて藍より青し
逢い戻りは鴨の味
逢うは別れの始め
阿吽(あうん)の呼吸
敢えて主とならずして客となる
敢えて後れたるに非ず馬進まざればなり
逢えば五厘の損がいく
仰いで唾吐く
仰いで天に愧(は)じず
青柿が熟柿(じゅくし)弔う
仰いで唾吐く
青き眼鏡をかくれば物皆青し
青田褒めらば馬鹿褒めれ
青菜に塩
青菜は男に見せな
青は藍より出でて藍より青し
青葉は目の薬
青表紙を叩いたものにはかなわぬ
赤い信女が子を孕(はら)む
赤いは酒の咎(とが)
あかぎれ大将にひび大将
赤馬をけしかける
赤児のうちは七国七里の者に似る
赤児の手をひねる
垢で死んだ者は無い
垢も身のうち
明るい家には金は溜まらず
明るけりゃ月夜だと思う
垢を洗うて痕を求む
秋荒れ半作

ことわざ