健康が一番  健康の元は食生活大切に

培われた生活の知恵

日本の食文化が世界に認めれれているのは、食物を理にかなった調理の方法をとっているからだ。外国から訪れる人々は
日本食に魅了されている
「そば店」発祥の地は・・・[画像をクリックしてPDFでご覧ください]
砂場・蕎麦蕎麦処、意外や意外大阪に有った。大阪城築城が育んだ食文化(画像をクリックでPDFで閲覧できます)
蕎麦が日本で広く食べられるようになったのは鎌倉時代と言われる。大阪市西区の新町西公園を通るたびに気になる石碑があった。そこには「ここに砂場ありき」と大きく刻み込まれている。植え込みの中にひっそりとたたずみ、まったく目立たない約1.5bの石碑、今まで、子供たちの公園の遊び場の「砂場」の事だと思っていたが・・・・ 驚くような史実が・・・・と筆者は語っている
 小さなフグでもフグはフグ・・・[画像をクリックしてPDFでご覧ください]
シラスに混じるチビフグ

ю 選別に苦労する業者「小さなフグでも毒はある」


シラスとはイワシやイカナゴ、ウナギなどの稚魚の総称。「しらす干し」「チリメン」として市販されているのは主にカタクチイワシだが、捕獲方法によってエビやカニの幼生が混入することも珍しくない。エビ、カニは平成22年にアレルギー物質として表示が義務化されて以降、チェックを厳しくしたが、それでも100%混入を防ぐのは難しい。しかしフグは表示の有無に関係なく混入してはならない。
因みにエビ・カニは混入の可能性がある事を表示すればよい事になっている。