白川郷 高山市街地 [全画面表示(F11)] 《戻》 芭蕉翁生家/愛染院(三重県伊賀市)
「白川郷と五箇山の合掌造り集落」として世界遺産文化遺産に登録された。一般公開を行っている民家、民宿、食事処など多くの合掌家屋が点在しているので、見て周るだけでも楽しめる

奥飛騨・白川郷(岐阜県)

MAIN
2016年暮れ、初めての年末旅行二泊三日で雪の奥飛騨に遊ぶ。一日目、12月29日西穂高に第一ロープウェイ第二ロープウェイを乗り継いで頂上に。頂上は吹雪で何も見えず。晴れた日には奥穂高がはっきり見えるという。頂上はかなり冷え込む。iphoneのバッテリーが瞬時に消耗した。要注意だ。
雪の新穂高。2016年12月29日 豪雪地帯の奥飛騨 雪の新穂高 山の斜面の木々は雪化粧
雪の新穂高。2016年12月29日 ロープウェイで西穂高頂上に 雪の新穂高。2016年12月29日 ロープウェイで西穂高頂上に
雪の新穂高。2016年12月29日 険しい山肌をロープウェイで進む
二日目12月30日。奥飛騨に到着時、ホテルの従業員が「今年は雪がほとんどないのですよ」と。白川郷見学の予定を組んであるので、雪のない白川郷は非常に寂しい。だが朝目が覚めてびっくり、昨夜一晩のうちに白銀の世界に代わっていた。普段の行いが良かったのだろうと自画自賛。ホテルの従業員も当然喜んでいた
◇白川郷荻町には合掌造りの特色を残す「長瀬家」「神田家」「和田家」が見学できる場所として一般公開されていた 雪の白川郷。2016年12月30日 ◇白川郷・合掌造り、茅葺屋根。一度来てみたかった白川郷、豪雪地帯の佇まいにしばし見とれる
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇この冬は雪が少なくてと関係者はぼやいていたが、一夜にしてこの雪だ
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇なんと風情のある光景だろう。これが日本の原風景である
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇白川郷は世界遺産に登録されている。外国の観光客も連日訪れる
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇合掌造り、茅葺屋根、夢にまで見た光景だ
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇冬のこの時期雪に埋もれた白川郷がライトアップされる。見事だろうな
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇茅葺屋根の軒先から滴り落ちる水がやがて氷になる。つららだ。都会に住む者には何もかにも珍しい
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇村中では各家が郷土料理などの食事を提供している。暖かいものに順番の列ができる
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇長瀬家の五階から見た白川郷の光景
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇岐阜県大野郡白川村荻町に位置する
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇白川郷合掌造り集落
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇雪のシーズンが終わり春になると緑の息吹。春の長閑な陽光の下の白川郷もいいだろうな
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇午後より晴天。奥穂高が美しい姿をくっきり見せてくれた。バスの車窓より
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇バスで移動中、とあるスキー場が目に入った。昨晩の雪でスキーが可能になったようだ 雪の白川郷。2016年12月30日 ◇トンネルを抜けるとそこは雪だった。どこかで聞いたセリフだ 雪の白川郷。2016年12月30日 ◇昨晩の雪で幹線道路は積雪。除雪車がフル活動だ
雪の白川郷。2016年12月30日 ◇白川郷・長瀬家の階上展示品。当時の様子を再現している [拡大] 雪の白川郷。2016年12月30日 ◇白川郷最大の長瀬家案内板。屋内を観光客に開放していた。
三日目12月31日。遊んでいたら早いもの、もう三日目だ。旅行最終日だ。今日は高山市内で朝市でも眺めながらのんびりとする予定だ。市内散策なので遅めの起床。高山市内の古い佇まいの商店街。歴史の息吹でも感じてみよう。。
飛騨の小京都
高山市の中心市街地には江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されており、その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれている。観光ガイドでは飛騨高山と記され、全国各地から毎年非常に多くの人が観光に訪れる。また、最近は、「日本の原風景を残す街」として紹介され、日本国外からの観光客も増加している。仏ミシュランの実用旅行ガイド「ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン」では必見の観光地として3ツ星を獲得している。また、2009年3月発行の「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009」、2011年3月発行の同グリーンガイド第2版においても3ツ星を獲得している [wikipediaより]
高山市街 2016年12月31日 飛騨の小京都を歩く 高山市街 2016年12月31日 山岡 鉄舟(鐵舟、やまおか てっしゅう)は、幕末から明治時代の幕臣、政治家、思想家。剣・禅・書の達人としても知られる。 鉄舟は居士号、他に一楽斎。通称は鉄太郎(鐵太郎、てつたろう)。諱は高歩(たかゆき)。一刀正伝無刀流(無刀流)の開祖。「幕末の三舟」のひとり。栄典は従三位勲二等子爵 [wikipediaより] 高山市街 2016年12月31日 山岡鉄舟像
高山市街 2016年12月31日 高山市の中心市街地には江戸時代以来の・・・ 高山市街 2016年12月31日 城下町・商家町の姿が残されている 高山市街 2016年12月31日 日本の原風景を残す街として紹介されている
高山市街 2016年12月31日 大勢の観光客で朝から活気のある商家町 高山市街 2016年12月31日 樹木の幹付近に柱を立て、柱の先端から各枝へと放射状に縄を張ることをりんご吊りといい、雪吊の代表的手法である。樹木を雪の重みから守る 高山市街 2016年12月31日 高山市の前身である高山町、旧高山市を含む現在の高山市までの行政資料を所蔵し、市政の移り変わりをパネルや写真などにより紹介している
高山市街 2016年12月31日 ◇高山祭屋台会館には五基の屋台が格納されている 高山市街 2016年12月31日 ◇境内に高山屋台会館があり、秋の高山祭に実際に曳き出される屋台が通年展示されている。近年、高山祭屋台会館と館名変更がなされている
高山市街 2016年12月31日 ◇桜山八幡宮は岐阜県高山市にある神社である。秋の例祭は、春の日枝神社の例祭とともに高山祭として知られ、国の重要無形民俗文化財に指定されている 高山市街 2016年12月31日 ◇一の鳥居
高山市街 2016年12月31日 ◇櫻山八幡宮 仁徳天皇65年、飛騨国に二つの顔を持つ宿儺(すくな)という賊が現れ、それを討伐するために派遣された難波根子武振熊命が戦勝祈願のために先代の応神天皇を祀ったのに始まると伝える。また、聖武天皇が諸国に設けた護国八幡だという説もある [wikipediaより] 
国の重要無形民俗文化財
BACK